40代主婦が在宅ビジネスを始めた理由

在宅ビジネスを始めたのは、子どもたちのためでした。

06c7a339d104b074213c8f7bd50764b2_s

40代主婦の私は、もともと家に居るよりも、

外へ出掛けるほうが好き。

在宅ビジネスとは、内職のことかな?という認識しかなく、

20代、30代の頃は、買い物へ行くにもわざわざ30分ぐらい

かかるところへ行ったり、子どもを遊ばせに、遠くの公園へ

行ったり、とにかく外に出たくて、うずうずしていました。

20代で長女と二女を出産。

24時間がんじがらめの子育てに、自分の自由な時間が

奪われて、イライラ。

好きなテレビも見れない。

好きな音楽も聞けない。

好きな食べ物(刺激物や辛いものやアルコールなど)も

我慢しなくちゃいけない。

子どもが起きている間は、子どもに向き合わないといけない。

でもすべてがストレスでした。

私には子育てはできない。

母親失格だ、と、思っていました。

現実から逃げだしたい。

いつしかうつ病になっていました。

それを機に、自分がアダルトチルドレンであることに

気付きました。地獄の30代の始まりでした。

アダルトチルドレンを克服する方法はないかと探し、

地元の精神科でアダルトチルドレンの治療をしている病院に

通い、カウンセリングを4年半受けました。

アダルトチルドレンの自助グループや、

CAPNAという自助グループにも参加していました。

そんななか、主人の給料が激減し、転職せざるを

得なくなったのを機に、外へ働きに

出るようになりました。

さらに、ずっと学びたかった、心理学も学び始めました。

自分の人生を生きやすくするため。

自分のことを好きになるため。

友達や仕事仲間の飲み会があれば、すべてに付き合い、

子育てをほったらかしてでも、出かけていました。

いわゆる不良主婦ってやつです^^;;;

そのころには、ワーカホリックと化し、

主婦でありながら、家庭のことには顧みず、

早朝から夜中まで、掛け持ちで働き続けました。

そうこうしているうちに、過労が過ぎて、

このままいったら身体がもたない、という状況に。

子どもたちも、長女がチック症になったり、

鼻血が止まらなくなったり、

二女の髪の毛が抜け始めたり、学校へ行きたくないと

言ったり、子どもの問題も出てきました。

心理学を学んで10数年。40代主婦になってからも、

毎日の生活のなかで、スキルを実践し続けていますが、

私の愛情が足りないからだと自分を責め続けても、

自分の行動を変えることができませんでした。

子どもたちには、私のような人生を送ってほしくない。

そんなある日、二女が言いました。

「お母さんが、家にいてくれるだけで安心する。」

その言葉を聞いたとき、私の存在が子どもたちにとって、

どれだけ大きかったか、こんなに何にもできないお母さんだけど、

それでも、そうじゃなくて、一緒にいることに意味があるのか!

・・・ああ、そういうことだったのか!!!

・・・ああ、この子たちは、こんなに寂しかったんだ!!!

子どもの一言でそのことに、気付いた途端、

涙がボロボロと出てきて止まりませんでした。

お母さんらしくないお母さんだけど、

家にいるだけ、それだけで子どもの心が安定するならば、

それを一番優先したい。

子どもたちには、自由に自分の好きな人生を、

自立して歩んでいってもらいたい。

それが私の一番の欲求であることに気付いたとき、

私は、家にいることに決めたのです。

子どもたちが自立するまでは、子どもたちの

心の成長を優先しよう、と。

心理学がある程度習得できた後、アロマテラピー、

カラーセラピー、英国式リフレクソロジーなど、

インストラクターや、セラピストなどの養成講座を習得。

それでも、本当は、思いっきりやりたいんだけど、

やるとまた昔のように、家にいなくなってしまう。

子どもたちには、幸せに自立してもらいたい。

そのために、自分が犠牲になるのはいや。

これ以上、仕事を増やすのはしんどい。

自分にとっても気持ちがよくって、

私が一番気持ちのいい方法で、収入を得る道はないだろうか?

そんなとき、たまたま出合ったのが在宅型の、

ネットワークビジネスでした。

私は”ネットワークビジネス”は、一生しないと思っていました。

とにかくイメージがよくなかったからです。

でも、このビジネスは、ネットワークビジネスをしていくなかで、

私の欲求が叶えることができると直感したため、

やることにしたのです。

それは、インターネットのスキルを上げて、

セラピーの集客に活かすこと。

どんなふうに、どんなことをしていけば、

インターネットで集客できるのか?

普通だったら、東京や、大阪まで出かけて、

何万、何十万も払って習うような内容が、

ネットワークビジネスのビジネスメンバーになるだけで、

無料で手に入ってしまう。

製品も会社も集客方法も、いいことずくめ。

やらない理由がありませんでした。

やるからには、結果が出るまでやってみよう!

そう思って、ネットワークビジネスを始めました。

今では、パソコンスキルが毎日身につき、

そして、「権利収入」という、収入をいただくようになり、

全国のメンバーさんたちと、友達以上に深い絆を築きながら、

完全在宅で、イキイキとした毎日を送っています。

子どもたちは、大学生、高校生になりましたが、

まだしばらく親の愛情が必要なんだと感じる日々です。

家族の幸せのために、こういう働き方もあるんだ。

新しいカタチの仕事の選択は、毎日のなかで、

刺激と楽しみと新鮮さをもたらしていて、

パソコンに向かっているだけなのに、

楽しくて仕方がありません。

これなら60代に向けて、収入をもっと増やしていける。

そう確信して、毎日コツコツと在宅ビジネス

楽しんでいます。

40代主婦が人生を変えた新しい収入のカタチとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加